薬膳

梅雨の薬膳

今日は1年で最も昼の時間が長くなる夏至です。

ところが、今年の近畿地方は梅雨入りが遅れていますね☂︎*̣̩⋆̩*

 

梅雨になると、気象ストレスがおきやすくなりますが、お身体の調子はいかがでしょうか。

いきなりですが、梅雨時期の健康チェックをしてみませんか~(*^^*)♪

 

☆梅雨時期の心と身体をチェック☆

 

□イライラする

□疲れやすい

□食欲がわかない

□肩こり、腰痛、関節痛がおこる

□体が重い

□舌の上がベタベタしている

□手足の先が冷たい

□ニキビ、湿疹ができる

□まぶたが腫れぼったい

□下腹部がポッコリしている

□消化不良、下痢の症状がある

□アザができやすい

 

これらの症状が3つ以上ある方!

身体を大切に労わってあげてくださいね(*ˊᵕˋ*)♡

チェック項目に記載された症状は、全て梅雨の季節におこりやすい症状です。

梅雨の時期は、湿気が高いことから汗が出にくくなり、体内に余分な水分が溜まって「浮腫み」がおこります。

その「浮腫み」から「胃腸」の不調も出やすく、「消化不良」による「エネルギー不足」や「貧血」へとつながります。

 

つぎの食材を家庭に取り入れてはいかがでしょうか。

 

特にオススメの2食材はこちら♪

 

🌸はと麦・・・梅雨時の万能食材

胃腸を整え、元気にする!

利尿作用より体に余分な水分を排出し、「浮腫み」を解消。

イボとりの効果も!目のまわりなどにできる小さなイボも取れますよ。

はと麦は毎日食しても害なく健康を増進する食材です。

はと麦ごはん・・・お米1合あたりにはと麦大さじ山盛り1杯

 

🌸とうもろこし・・・胃腸を整える。利尿効果。

コーンご飯を炊く際は、とうもろこしの髭をお茶用パックに入れて一緒に炊くと良いですよ。髭の部分がもっとも利尿効果があるので捨てないでくださいね。

※糖尿病の方は、カロリーが高いので控えめにしてください。

 

季節と身体にあった食材を選んで、梅雨のジメジメにも負けず、元気にカラッと過ごせますように(*´˘`*)♡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です